プロフィール

nikonikoanechan

Author:nikonikoanechan
怒ると怖い(笑)ホントはとっても優しい旦那さんと
大きな舞台にチャレンジする舞香、新しい道を歩み始めた颯太
歌って踊るの大好きな小6のりんりん、旦那さんに一番性格が似てそうな6歳のこうたん

6人家族の日々を綴っていきたいと思います


最新コメント


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は茶屋町、
ホテルインターナショナル近くにある『麺匠・八番亭』


ここはテーブル席とカウンター席が調理場を境界に左右に二分化されてる珍しい作りの店。
だから玄関が2つあって、右がグループ対応のテーブル席のみ、左が1人用のカウンター席のみ。
表から見ると、それぞれ別の店かと思うような不思議な造りだ。


注文はもちろん麺匠(めんしょう)ラーメン


まずはスープ


あっさり?・・いや、むしろ味がしない・・


見た目は期待したが、とらえどころのない味・・

麺は

あらら?こんな麺初めてや

麺が汁気を急激に吸ってしまって、あっという間にノビノビや~ん

無言のまま
のぶりんと顔を見合せて
さすが長年連れ添ってきた夫婦
お互いに言いたいことは同じ

きっと恐ろしく消化には良い麺に違いない・・・
セットで半チャーハン注文してて良かったなぁ~


はぁ・・
20091201013950

今回は京都烏丸駅から錦市場に入る直前にある
万豚記(ワンツーチィ)で久々のラーメンランチ!!

前回、この市場に来た時に気になってたラーメン屋さんら~めん♪


店構えがどこか昭和チックで暖かそうな雰囲気に誘われ
のぶりんといざ中へ~


注文はA定食(塩ラーメン・鳥唐・ライス)とB定食(醤油ラーメン・焼き飯)


お腹が減って減って、隣の席のお客さんが食べてるのを横目に待つこと6分 おいしい



まずは塩ラーメンから・・
あっさり鶏ガラスープに軽いちぢれ麺 これは当たり障り無しの味かなぁ(笑)



次に醤油ラーメン・・
あら?なんじゃこの香りは・・うへぇ~;
テーブル上の醤油を味見すれば、ここに答えが!!



そうそう、中国製の醤油やった汗とか
中国製のものにもいろんな種類の醤油があるけど、この店の醤油は独特の酸味とクセがあってちょい苦戦・・アップロードファイル



焼き飯
ここにも臭みが・・下
のぶりんの提案で胡椒を振りかけてみると、少し食べれた汗とか



唐揚げ
味がほとんどついてない・・ 大きな鳥唐三個もやはり鳥の臭みが先行絵文字名を入力してください

いや~ つらい汗


白ご飯が美味しい笑2

塩ラーメンだけが正式な私のパートナーでしたっとsn
もう一度、店内を見渡すと『中国麺飯店』と書いてありました~


名物は辛い担々麺と黒胡麻担々麺だってさ
あははっ涙



錦市場で串ざしの100円だし巻きを食べて口直し終了でしたとさっにこにこ
20090530144414.jpg
本日のラーメン紀行は
天満駅から徒歩5秒のところ
越後屋さん 駅近っ!

こちらも最近できたお店


店内でまず食券を購入


ほぼ正方形の店内は
真新しくてまだまだ清潔感が漂ってる
真ん中にある調理場を
客席カウンターが
コの字型で囲んでる造りや


60歳くらいか?
いかにも越後屋
「そちもかなりのワルよのぉ~
って感じのおっちゃんスタッフが
以外にも
丁寧に食券を受け取ってくれて、
調理場の悪小僧って風貌の
若い兄ちゃんが作業開始!
ちょっと言い過ぎか・・


注文は
濃い口醤油ラーメン&とんこつ醤油ラーメン
濃い口醤油ラーメンというくせに
ノーマルと濃厚がチョイスできる
と聞いて笑いそうになったけど
とりあえずノーマルをオーダーしたで(笑)

14時すぎの
アイドリングタイムのおかげか、
他にお客もなく、
7分ほどで二品が同時登場
20090530144412.jpg
まずは鶏ガラスープの
濃い口醤油ラーメンから

見るからに醤油ラーメンって感じの色
豚の背脂がまばらに浮かんでるスープを
一口

おおっ
久しぶりに
バランスのしっかり整った味に
出会えて感動

旨い旨い上手い

弾力のあるストレート麺の
噛みごたえも喉ごしも最高やないけ
それに何といっても麺自体の熱々がいいぞ
ここのラーメンなら
真冬に食べてもぬるくないはずや
20090530144410.jpg
一方のとんこつ醤油ラーメン
こちらも『まー油(焦がしニンニク油)』
が香ばしくて
あっさりめのスープを引き立たせてる
でもしっかりコクがあって素敵じゃん

これなら、のぶりんも
にっこりツ~ルツルっ♪

「ほんまに美味しかったです」
と思わず言うてもたで
すると
老若二人の越後屋極悪スタッフさえも
ニ~コニコ

いや~ ほんまに満足できたでー(^3^)/
ごっつぁん


えちごや おぬしも相当やるのぉ
20090530144606.jpg
本日のラーメンは扇町にある永田屋さん

まだできてホヤホヤ
って感じの白色を基調にした和風なお店


少し前に通りがかって 気になってたから
のぶりんと入ってみたよ


お昼時なのに閑散としてて
入るのに少し勇気がいったで(笑)

俺は腹ペコやったから
新味つけ麺300g
のぶりんは 鶏ガラ醤油ラーメンなり

20090530144604.jpg

鶏ガラ醤油ラーメン
ストレート極細麺は
いたって素朴な中華そば風
かなり濃い濃いの醤油味
のぶりんはスープをほとんど残しちゃってたなぁ
20090530144602.jpg
新味つけ麺
カウンター越しに登場した
アツアツつけ汁は、
見るからに脂っこそうで
ドロッとした感じ
まるでどす黒いカレールーのよう

まったく食欲をそそる色ではないぞ・・(´-ω-`)


麺をつけ汁に入れてみる
浮いた浮いた!!
麺の三分の一はつけ汁の上に
ぷっかり浮いてるぞ!?
まるで底なし沼や
ドロドロどんだけ(笑)


麺を引っ張り上げてみると・・・
つけ汁が麺にどんだけ絡んでるねん!?

いや、これは麺がつけ汁に絡んでるんや

麺の形がわからんくらい
まったりや チーズフォンデュか

きっとこれが流行りや
俺がこの流派を知らんだけや・・

恐る恐る口に運ぶ

おう!?・・・
旨いやないか!!これ

絡みつく量を計算してるから
通常の店では
濃い味のはずのつけ汁を
あっさり薄口に仕上げてる

唇の周りに
砦を築くつけ汁たちを別にすれば
十分アリアリやわ 美味しい~

ただね、
器にナミナミの
つけ汁を飲んだわけやないのにもかかわらず
麺を完食したら
つけ汁がなくなったよ(笑)

いつの間にか満席になった店内で、
難しい顔をして麺を茹でるマスターが
帰りにはにっこり笑顔で
嬉しい気分になったで(^^)/
20090530155353.jpg
本日は天六
つぼや さんに行ってまいりました~


この店はラーメンがない
つけ麺の専門店


食券を買って早速中へ
並盛1玉も大盛2玉も同じ680円!!
だから男性には嬉しい店屋やね(^^ゞ

20090530155351.jpg
のぶりんは並盛
俺は中盛の1.5玉を注文
なになに注文が中途半端やって?!(笑)
もちろんメタボ対策でんがなぁ( ̄▽ ̄)b

待つこと8分ほど
熱いつけ汁と
どんぶり鉢には極太麺


一口食べて
この店が珍しいとされる
つけ麺だけの専門店をする
理由がわかったような気がした


肉と魚介でとった旨味スープが
太い麺にしっかり絡んで
絶妙のバランスやったね


あまり今まで
つけ麺は食べようとしなかったのぶりんも今日は美味しい美味しいと完食!!


最後は熱いスープをもらって
つけ汁に混ぜて
ゴックンで味は満足やったで~


ただね
おしいことに


店内にほのかに漂う
ケモノ系(おそらく鼠)
の臭いがかなり邪魔やったなぁ

鼻が敏感すぎるのも困ったもんや

のぶりんは気付かずで
さぞ幸せやったやろ(笑)

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。